加熱管には多くの種類がありますか?どちらがより実用的ですか?

多く、非常に多く。

産業用ヒートパイプは、ほぼ1世紀にわたって存在し、開発されてきました。それらは最初にヨーロッパとアメリカで発明され、次に日本で革新されました。現在、それらは中国でも数十年にわたって開発されてきました。国内の産業のアップグレードは、継続的な製品の更新につながりました。ヒートパイプ製品は、産業用補助消耗品として使用されてきました。それは広く使用されており、加熱管は基本的に、加熱を必要とする工業生産のあらゆるリンクに不可欠です。

加熱管は、長い、短い、丸い、らせん状、U字型、W字型などのさまざまな形状に分けることができます。

材料によって分類:金属加熱管、セラミック加熱管、放射加熱管、テフロン加熱管など。

使用シナリオごとに分けられます:固体(金属)加熱用、液体加熱用、ガス加熱用など。

2.どちらがより実用的ですか?

この質問に答えるのは難しいです。加熱管の使用は、環境、温度、および目的に大きく関係しています。一般的に特定の商品を指定することは現実的ではありません。産業用ヒートパイプ製品は決して最も実用的ではなく、最も適切なものだけです。

たとえば、シングルヘッド加熱チューブは金型での使用に適しています。これは、一般に金型製品が複数の加熱チューブを使用して連携し、100を超える場合でもシングルヘッド加熱チューブを使用する利点があるためです。一方では、シングルヘッドの加熱管は小さくすることができます。ボリュームが大きく、電力が非常に効率的です。一方、シングルヘッド加熱管は一端から均一に排出されるため、配線に非常に便利です。

たとえば、オープンウォータータンクでの浸漬加熱チューブの使用:通常、両端の加熱チューブは、ウォータータンクの形状に応じて曲げられ、複数の組み合わせ配線セットを介して使用されます。

もう1つの例は、密閉タンクでのフランジとねじ式加熱チューブの使用です。一般に、加熱とシールの効果を実現するために、フランジ、ねじ込みジョイント、およびその他のシール構造でダブルヘッド加熱チューブが使用および組み立てられます。

そのため、使用状況に応じて専門メーカーに連絡し、最適な製品を選択することが非常に重要です。

3.加熱管アプリケーションの紹介

加熱管製品は最も実用的ではありませんが、最も適していることを前述しました。最終的な分析では、工業生産には非常に多くの使用シナリオがあり、統一された要約を作成することが不可能であるためです。最も簡単な方法を試してみましょう-加熱オブジェクトの形状-コーミングを行います。

a。加熱固体(金属)

用途:板金、押出成形、射出成形金型、鋳造金型、スタンピング金型、包装、シーリングマシンなど。

関連製品:シングルヘッド加熱チューブ、ダブルヘッド加熱チューブ、加熱リング、加熱フィルム

b。加熱液

アプリケーション:貯水容器、オイルタンク、流れる水道管の内側、パイプの外側の加熱、腐食性液体の加熱など。

関連製品:ダブルヘッド加熱管、浸漬ヒーター、腐食性液体ヒーター、加熱リング

c。暖房ガス

アプリケーション:パイプライン、プロセスガス、予熱ガス、空間断熱材

関連製品:フィンヒーター、エアヒーター、加熱リング、加熱プレート