固定周波数空調除霜方法

固定周波数空調除霜方法

[技術分野]

【発明の属する技術分野】本発明は、空調技術分野に関し、特に、空調除霜方法に関し、特に固定周波数空調除霜方法に関する。

【背景技術】

【背景技術】【0002】空気調和機が暖房運転中に外気温度が凝固点以下で空気が一定の湿度を有する場合、室外熱交換器の表面は凍りやすい。 霜の存在は、空気調和機の暖房性能に影響を及ぼす。 そのため、空調暖房運転中は除霜のための除霜モードに入る必要がある。 エアコンは除霜モードで動作するため、室内熱交換器が蒸発して吸熱して室内温度が低下し、使用者の快適性が低下する。 したがって、空気調和機の除霜モードは、空気調和機の暖房性能及び快適性に大きく影響する。

【0003】固定周波数空気調和機では、現在一般的に用いられている除霜方法は室内コイル温度と圧縮機運転時間に基づいており、室内コイル温度は設定温度よりも低く、圧縮機累積運転時間および/または連続走行時間が設定された走行時間に達すると、デフロストモードに入るようにエアコンが制御される。 このような既存の除霜方法では、コンプレッサの累積運転時間または連続運転時間が一定の運転時間に達することが要求され、運転時間に達していなければ除霜は行われない。 しかしながら、除霜中に様々な理由により除霜が不十分である場合、屋外湿度が大きすぎる場合、除霜が間に合わない場合、室外熱交換器が凍結し易くなり、氷結が容易に除去されない。 解凍モードが再入力される。 冷凍の除霜の問題が依然として存在すると、アイシング現象がより深刻になり、室外熱交換器の熱交換能力が低下する。


[発明の内容]


【発明が解決しようとする課題】本発明の目的は、時間の除霜ができずに室外熱交換器の熱交換性能が低下するという問題点を解決する固定周波数空調除霜方法を提供することにある。

【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために、本発明は、

固定周波数の空気調和機の除霜方法であって、

空調暖房運転時には、設定時間内に室内コイル温度と除霜運転回数を取得し、 室内コイル温度と第1設定室内コイル温度とを比較して、除霜モード数を設定回数と比較し、

室内コイル温度が第1設定室内コイル温度未満であり、設定時間内の運転中の除霜モードの回数が設定回数以上である場合には空調運転を強制的に解除する除霜;

除霜運転回数は、通常除霜運転回数と強制除霜運転回数とを含む。

室内レトルト温度が第1設定室内コイル温度未満であり、運転除霜が設定時間内である、上記の固定周波数空調除霜方法は、モードの回数が設定された回数以上であれば、空調運転強制除霜モードを制御して除霜を行う。具体的には、

そして、室内コイル温度が第1設定室内コイル温度未満であって第1設定時間継続し、設定時間内の運転中の除霜モードの数が設定値以上である場合には、強制除霜モードを作動させて除霜を行う。

強制除霜モードを動作させる除霜時間が、従来の除霜モードを動作させる除霜時間よりも長いことを特徴とする上記の固定周波数空調除霜方法。

【0008】好ましくは、第1設定室内コイル温度は、室内ファンの運転速度に反比例する可変温度である。

上記のような固定周波数空調除霜方法は、第1設定室内コイル温度を求めるために、既知のファン速度と強制除霜に応じて室内ファンのリアルタイム走行速度を求める処理モード。 室内コイル温度の対応関係は、室内ファンのリアルタイム走行速度に対応する第1設定室内コイル温度を決定する。

上記のような固定周波数空調除霜方法は、以下の条件のいずれかを満足する場合に、従来の除霜モードを動作させるように空気調和機を制御する。

条件1.室内ユニットが過負荷保護に入り、室外ファンが停止する。 室外ファンが再びオンされて第2の設定時間以上運転され、コンプレッサの累積運転時間が第3の設定時間を超え、コンプレッサの連続運転時間が第4の設定時間を超えると、室内コイル温度が第2設定室内コイル温度よりも低い。

条件2:コンプレッサーの連続運転時間が第5設定時間を越え、屋内コイル温度が第6設定時間ごとに第3設定温度まで低下し、連続して3回現れ、屋内コイル温度が第2セットよりも低い第7の設定時間以上の間、再びコンプレッサがオンされる。

条件3:コンプレッサの累積運転時間が第8設定時間を超え、コンプレッサの連続運転時間が第4設定時間を超えており、室内コイル温度が第2設定室内コイル温度未満である。

条件4:室内コイル温度と室内温度との差が第4設定温度未満で第9設定時間継続し、圧縮機の累積運転時間が第3設定時間を超え、コンプレッサー第4設定時間を超えており、室内コイル温度が第2設定室内コイル温度よりも低い。

第1設定室内コイル温度が第2設定室内コイル温度未満である、上記の定周波数空調除霜方法。

好ましくは、第2設定室内コイル温度は、室内ファンの運転速度に反比例する可変温度である。

上記のような固定周波数空調除霜方法では、第2の設定室内コイル温度を決定するために以下のプロセスが使用される。すなわち、既知のファン速度および室内空気温度に基づいて室内ファンの実時間運転速度を得る。従来の除霜モード。 室内コイル温度の対応関係は、室内ファンのリアルタイム動作速度に対応する第2の設定屋内コイル温度を決定する。

【発明の効果】本発明の固定周波数空調除霜方法によれば、従来技術と比較して、空調暖房運転時には、除霜モードを設定時間内に運転すると設定回数を超えており、室内コイル温度が第1設定室内コイル温度よりも低い場合には、除霜頻度は高いものの、室外熱交換器の熱交換性能は低下している。 考えられる原因は、室外熱交換器が解凍されていることである。 それは清潔でなく、凍っていません。 この場合、圧縮機の運転時間に制限されることなく、強制除霜モードを強制的に実行して除霜不能による室外熱交換器の変化を回避し、深刻な氷結。 熱的性能の低下。

本発明の他の特徴および利点は、

/ H-ο

[図面の説明]

図1は、本発明の固定周波数空調除霜方法の実施形態のフローチャートである。

【詳細な説明】

本発明は、図面および実施形態を参照して以下でさらに詳細に説明される。

図1を参照する。 図1は、本発明による固定周波数空気調和機の除霜方法の実施形態のフローチャートである。

別ウィンドウ(タブ)の大きな表示で見る 図1に示すように、本実施形態の固定周波数空気調和機の除霜方法は、以下の工程からなる強制除霜工程を含む。

ステップ11:空調暖房運転中に、設定された時間内に室内コイル温度および除霜モードが運転された回数を取得する。

空調暖房運転時には、設定されたサンプリング周波数に応じて室内コイル温度と除霜モードが設定された時間内に運転される回数がリアルタイムで取得される。 ここで、室内コイル温度は、室内熱交換器コイルに設けられた温度センサによって検出され、空気調和機のコントローラは、温度センサの検出値を取得して処理するために用いられる。 除霜モードの実行回数に空調運転ルーチンが含まれている。デフロストモードの回数と強制除霜モードが実行された回数は、エアコンのコントローラがデフロストモード回数毎回実行されます。 従来の除霜モードとは、室内コイル温度と圧縮機運転時間とを基準にして従来技術で採用されていた除霜モードを判断基準としたものである。 そして、コントローラ自体の計時手段と組み合わせることにより、設定された時間内に除霜モードが動作する回数を簡便に得ることができる。 ここで、設定時間とは、空調装置に記憶されていることがわかっている時間であり、制御装置が取得可能な時間、特に空調運転パラメータや空調運転環境に関する時間であり、空調システムを反映します。 高温運転中の室外熱交換器のフロスティングの程度。 たとえば、プリセット時間は150分に設定されています。 さらに、設定された時間は、設定アルゴリズムによって人為的に修正したり、適応的に修正したりすることができる。

ステップ12:屋内コイル温度と第1設定屋内コイル温度とを比較し、除霜モードが設定回数と比較される。

第1の設定室内コイル温度および設定回数は、空調装置に予め記憶され、コントローラによって取得可能な既知の値である。 例えば、最初に設定された室内コイル温度は36℃、設定回数は3回です。 また、これらの2つの値は、空調運転パラメータ、空調運転環境等に応じて人工的に変更したり、設定アルゴリズムによって適応的に変更したりすることができる。

ステップ11で室内コイル温度と除霜モードが実行された後、室内コイル温度と第1設定室内コイル温度とを比較し、除霜モードが作動された回数とセット回数が設定されます。 比較は、比較結果に基づいて強制除霜モードを実行する必要があるか否かを判定する。

ステップ13:室内コイル温度が第1設定室内コイル温度未満であり、設定時間内の運転中除霜モードの回数が設定回数以上である場合には、空調運転強制除霜モードが除霜を行うように制御される。

すなわち、室内コイル温度が第1設定室内コイル温度未満であり、設定時間内に除霜モードが動作した回数が設定回数以上である場合、例えば、屋内用トレイ同時に満足される。 チューブ温度が36℃未満では、空調除霜モードが150分以内に運転される回数が3回以上となり、除霜頻度が高いことを示し、屋外の熱交換性能熱交換器が不良であり、室外熱の可能性が高いことを示している。 除霜がきれいでないため、交換器が凍結する。 この場合、コンプレッサの累積運転時間と連続運転時間とが対応する設定時間に達しているか否かに関わらず、空調運転の強制除霜モードを制御して、時間の解凍ができない。 室外熱交換器の伝熱性能が急激に低下する危険性。

また、強制除霜モードを動作させる場合には、より強力な除霜処理を行うために、強制除霜モードにおける除霜時間を従来の除霜モードの除霜時間よりも長くすることが好ましい。 例えば、従来の除霜モードでの除霜時間が9分である場合、強制除霜モードでの除霜時間は9分より大きく、例えば、I Iminである。

より好ましい実施形態として、ステップ12及びステップ13の比較判定処理では、室内コイル温度が第1設定室内コイル温度未満であると判断されて第1設定時間継続して設定される。 除霜モードが設定された回数以上であれば強制除霜モードを実行する必要があると判断する。 すなわち、温度判定条件は、室内コイル温度を第1設定室内コイル温度よりも小さくする必要があるだけでなく、第1設定時間内に連続して温度条件を満足させる必要があるため、室内コイル他の要因によって引き起こされる。 この温度低下は、室外熱交換器の氷結状態を誤判定する原因となる。 第1の設定時間は、空調装置に予め記憶され、コントローラによって取得可能な既知の値でもある。 たとえば、最初の設定時間は15分です。 また、第1の設定時間の値は、空調運転パラメータや空調運転環境等に応じて人工的に変更してもよいし、設定アルゴリズムにより適応的に変更してもよい。

温度判定条件における基準温度である第1設定内コイル温度は、更新なしに例えば36℃を更新することなく、あるいは空調運転パラメータ、空調運転環境等に応じて、比較的固定値であってもよい。人工的に38℃に改変した。 より好ましい実施形態として、第1の設定室内コイル温度は可変温度であり、室内ファンの運転速度である。

より多くの質問とサンプルと生産の問い合わせについては、私たちに連絡してください:

中国プロの電気暖房の要素工場メーカーサプライヤー

主な製品:デフロストヒーター、デフロストヒーティングエレメント、ヒーティングパッド、加熱ベルト、ヒーティングケーブル、MICAヒーター、ヒーターチューブ、シリコンラバーヒーター、アルミヒータープレート、アルミホイルヒーター、アルミチューブヒーターなど

当社のウェブサイト: www.benoindustry.com  

担当者:Boris Yue

電話:0086 13456528940

SKYPE ID:live:ボリシューエン

Whatsapp:+8613456528940

Wechat:+8613456528940

QQ:63859830

メールアドレス:benoheating@163.com

Email:63859830@qq.com