熱伝導油のいくつかの特性

1、冷却の異なる温度範囲を満たすことができる、プロセスの要件を加熱するだけでなく、同時に同じ熱伝導油と同じシステムで高温加熱と低温の冷却プロセスの要件を達成するために。 これにより、複雑で煩雑なオペレーティングシステムと運用パフォーマンスが低下する可能性があります。

2、常圧下では、非常に高い動作温度を得ることができます。 これにより、高温加熱システムの動作圧力および安全要件を迅速にブロックすることができ、それによって熱伝導油炉システムおよび装置の信頼性および安全性が改善される。

3、大幅に熱伝導油炉や他の機器やパイプラインのメンテナンスの作業負荷を減らす、システムの熱効率を向上させるために必要な水処理システムと機器を減らす。 したがって、これは、暖房システムの先行投資資本および大規模な運用コストを削減することができる。

図4に示すように、システムの漏れによる事故の原因、燃焼現象において熱伝導油やオープン・フレーム・エンカウンターが発生し易い場合には、その原因となった熱伝導油系や水蒸気系。 しかし漏れないことを前提に、熱伝導油システムは低温で動作しているため、その安全性は水および蒸気システムの安全性よりもはるかに高い可能性があります。